迅雷电影
失踪的狗海报

失踪的狗

剧情 2011-08-12 /

暂无推荐度

评价人数过少

去投票
写深度影评

2011年8月12日。『金曜スーパープライム」は終戦記念日に寄せて、太平洋戦争当時の実話である「犬の供出・献納」をもとに子どもが感じる戦争をテレビドラマで描き伝える。「犬の供出」とは、自分のペットの命を国に捧げるということ。暮らしに恵まれ愛に溢れた幸福な家族、松倉一家は、誰の目にも美しかった。男は主(あるじ)たらん。家族は勿論、おんな子供、友人、仕事仲間を守り、いかなる時も先頭に立ち。気概を持って戦争の後押しに努め、国のために範となる。誰もが男を尊敬し、愛し、従った。   しかし、ある時から日本は致命的な大敗、戦況悪化の事実を国民に偽るようになる。ついには玉砕という言葉で、壊滅の事実さえ摩り替えた。男は疑問を抱き始める。どんなに踏ん張っても物資は滞り、家計は逼迫するばかり。反比例するように、国民が互いを牽制し縛りあう空気が濃密になってゆき、息もできない。... 展开

这部影视值得看吗?

选票选项(单选)

值得看

0 0%
不值得

0 0%

投票理由 (0)

写短评
全部 值得看 不值得
热度

    不同的角度,不同的观点

    话题讨论

    发起讨论

      不同的角度,不同的观点

      ffffffff15797437055607979d0001