迅雷电影
八月的冲绳海报

八月的冲绳

奇幻 / 音乐 2003-08-02 / 日本
75% 影迷推荐 20 人评价
去投票
写深度影评

母の遺骨を胸に故郷―沖縄に帰り着く17歳の少年テル(松田龍平)。そこには、祖母、叔母、そして従姉妹のマレニ(末永遥)が待っていた。父親はテルがまだ幼い頃に家を出たまま行方がわからない。母の故郷ではあってもテルには馴染みのない土地。目に映るものすべてが珍しい。しかもマレニはユタ(=霊能師)になるための修業中の身。他の人間には見えないものが見えるらしい。ある日、キジムナー(=精霊・斉藤和義)に誘われて家を出るマレニを追って、テルも行き先の見えない旅に出る…。   沖縄を舞台にした映画がここ数年目立っている。東京を頂点とする殺伐とした都市型社会の対極にある場所として、アニミズムの地―人間と神々が共存し、生と死の境目を行き来する島―が映画制作者や観客を魅了し続けているのかもしれない。ファンタジーの要素をふんだんに取り込んだ『八月のかりゆし』は、戦争で多くの血が流... 展开

这部影视值得看吗?

选票选项(单选)

值得看

15 75%
不值得

5 25%

投票理由 (0)

写短评
全部 值得看 不值得
热度

    不同的角度,不同的观点

    二维码

    手机迅雷、QQ、浏览器扫码,下载到手机

    话题讨论

    发起讨论

      不同的角度,不同的观点

      ffffffff16245671049274525d0001