迅雷电影
人间昆虫记海报

人间昆虫记

2011-07-30 / 日本
79% 影迷推荐 28 人评价
去投票
写深度影评

あらゆる世代に絶大なる人気を誇る世界的漫画家・手塚治虫。数少ないダークサイド・手塚治虫の傑作のひとつがこの「人間昆虫記」。この作品が発表されたのは、日本が高度経済成長期の頂点を経て安定期に入った1970年。日本中が好景気に沸いた後の社会のひずみが一気に噴出した年であり、あくなき成長と物質への欲望が人間にとって最も重要なものなのかを、多くの日本人が疑問に感じ始めた時代の始まりでもあった。そのような時代背景の中、手塚治虫がひとりの悪女の生き方を軸に、人間社会のゴタゴタを昆虫世界になぞらえて描いた風刺ドラマがこの「人間昆虫記」だ。   主人公の十村十枝子(とむらとしこ)は、女優、デザイナー、そして作家と、その欲望のまま、まるで昆虫が脱皮をくりかえすように次々と華麗な変身を続ける。しかしそれは彼女自身の才能ではなく、彼女に近づいた人間の才能を完璧に模倣したものだ... 展开

这部影视值得看吗?

选票选项(单选)

值得看

22 78%
不值得

6 21%

投票理由 (0)

写短评
全部 值得看 不值得
热度

    不同的角度,不同的观点

    二维码

    手机迅雷、QQ、浏览器扫码,下载到手机

    话题讨论

    发起讨论

      不同的角度,不同的观点

      ffffffff16236860385631171d0001