迅雷电影
记忆搜查:新宿东署事件档案海报

记忆搜查:新宿东署事件档案

2019-01-18 /
72% 影迷推荐 29 人评价
去投票
写深度影评

ゴールデン街、荒木町、早稲田、新大久保、新宿二丁目、三丁目―。   これらの街を管轄区域とした新宿東署では、日々多くの事件が起こり、刑事が認知していても動けない“手付かず案件”となっている事件が多くある。そんな新宿東署に、一人の車椅子の刑事が配属された。彼の名は、鬼塚一路(北大路欣也)。定年間際の最後の事件で、犯人に刺されて両足の機能を失い車椅子生活となった彼は、1年後、新宿東署刑事課の司法係長に再任用された。鬼塚は、新米時代と定年間際の二度、この新宿東署に配属されている。これにより彼は「昭和」と「平成」ふたつの時代を通して新宿の街の詳細な記憶を持ち、事件を推理する際、「記憶の街」として脳内に描き出すことができる。   “手付かず案件”により困っている人がいることを知った鬼塚は気にな 展开

这部影视值得看吗?

选票选项(单选)

值得看

21 72%
不值得

8 27%

投票理由 (0)

写短评
全部 值得看 不值得
热度

    不同的角度,不同的观点

    二维码

    手机迅雷、QQ、浏览器扫码,下载到手机

    话题讨论

    发起讨论

      不同的角度,不同的观点

      ffffffff16326872595991518d0001